2回目だからわかること~入院2日目、手術本番です

朝の目覚めは良好です。

 

水分制限もあるので、7時前に抗生物質を飲み、

手術予定時間の13時半までひたすら待機です。

 

朝、係の方が間違えてご飯を運ばれてきたときは
笑顔でお断りできましたが、
昼ごはんの匂いが周りからしてくるのは
ちょっぴりきつかったです。

 

 

本来、婦人科系の手術をするときは、

浣腸をするということでしたが、手術前になんとか自力で排便できたので、

今回は必要ないという先生からの指示でスルー。

しかし、1時間おきに看護師さんから、

「出ましたか?」と聞かれ、軽くプレッシャー。

水も飲めないので、大腸を刺激することもできず、

これに関しては「早期回復のためにするべき3つのこと」に思いのたけを語っているのでご覧になってみてください。

 

午前中は、点滴を開始する処置が行われたのみで、

ひたすらスタンバイです。

 

 

12時、あと1時間で手術です。ドキドキが止まりません。

 

手術は13時半からなので、
お着替えなどを済ませます。

旦那さんも昼休みから退社してくれて、

血栓予防にと、とても窮屈な靴下をはくのに

二人で格闘しているうちにお呼びがかかり、

歩いて行けるのに、なぜか車椅子で運ばれて地下にある手術室へ。

 

旦那さんは、待合室に案内され、

私はそのまま手術室へ。

 

前回の手術の時は、全身麻酔だったのですが、

回復が遅れたため、

今回の手術は、下半身麻酔と言われる脊髄くも膜下麻酔

入れてから、点滴で軽い麻酔で眠るという方法。

 

点滴のための針は、午前中に入れていたはずなのに、

漏れているということで、

急きょ入れなおすことになったのですが、

看護師さんがかわるがわる入れ替わって

「ここは?ここなら入る?」と相談がはじまります。

 

そうなんです!

私はむっちり体形なうえに、血管が細いという、

看護師さん泣かせの腕をしています。

左の腕に3回ほど挑戦しては、

「あ、血管が逃げました」という言葉をかけられ、

最終的には、右手の甲に刺されるという始末。

 

点滴のための針というのは、金属の針ではなく、

チューブのような感じで、動いても痛みはないようにできているそうですが、

手術用の点滴は、輸血をしなければならないという最悪のケースに備えて

少し太めのチューブになるそうです。

 

点滴がようやくセットされてからは、

いよいよ脊髄クモ膜下麻酔です。

体を横にして、体をぐっとまるめ、背中を出し、

麻酔針を刺す前に、局所麻酔をしてくれたので、

感覚はあるものの、痛みはさほどありません。

足の先が正座した後のぴりぴり感が出てきました。

 

その後、アイスノンらしきもので、

肩やお腹、鼠蹊部などを刺激してくれますが、

確かに、下半身だけは冷たさを感じなくなって、

これで脊髄クモ膜下麻酔は成功ー!

 

点滴に軽い麻酔を入れられてからは、

意識は全くありません。

 

 

次に目覚めたときは、手術が終了していました。

ベッドにのっかったまま、そのまま病室へ。

 

旦那さんが、1時間半くらいかかっていたよと

教えてくれて、先生が筋腫の残骸みたいなものを

みせてくれたけれど、真っ赤でよくわからなかったとか

いろいろ話してくれていたのですが、

私は頭痛がして、ぼんやり。

 

 

病室に戻ったら、自動的に血圧を測るものや、

心電図をとる電極の機械を体中に貼られ、

足は、空気の圧でマッサージしてくれるものを巻かれ。

もちろん尿道カテーテルも。

 

管だらけになった私を、軽くいじってくれる

関西人の旦那さんにしばし癒されていましたが、

頭痛はなおらないので、看護師さんに伝えてもらいました。

 

本来なら、数時間で立つことができ、

付き添われながら、トイレでお小水がでれば

解放ーなはずだったのですが、

手術後に「頭が痛いです」と言ってしまったので、

急きょ、採血をされて、

すぐに痛み止めを点滴に入れてもらい、

ぼんやりしているところに、先生が。

 

手術は無事に終わったけれど、

1時間半かかっているので、水中毒が心配で。

採血をして検査したけれど、その心配はありませんでした。

ただ、大事をとって、今晩はこのままで。

 

ん?!今晩はこのままで?!

 

 

やってしまいました( ;∀;)

前回の手術後も、全身麻酔だったので、

強制的にあれこれの管をつながれながら一晩すごして

苦しかった思い出があったのですが、

今回は軽めの麻酔だから、眠れるなーって

思っていたのに、

頭痛を訴えたもんだから、

管につながったまま一晩過ごすことになってしまいました。

 

点滴は外されたので、

水分をどんどん摂取してくださいと言われましたが、

歩けないので、旦那さんにペットボトルのお水やお茶を

いっぱい買ってきてもらって、ストローを添えてもらい、

夜な夜な飲み続けました。

ご飯が食べられていないので、口から何かを入れられるって幸せ。

胃腸にもなんとなく違和感があるので、

水分はとてもありがたかったです。

 

定期的に腕を締め付けて血圧を測る機械なので、

そのたびに起きてしまいますし、

体もなかなか動かせないので、これまた辛い。

眠れないし、テレビをつけてみましたが、

深夜番組も飽きてしまい。

眠れないことがストレスになってしまいそうでしたが、

まぁ最悪眠れなくても、明日も日中眠れるからねと

言い聞かせているうちに、うとうと。

とても浅い眠りだったとは思いますが、なんとか就寝することができました。

 

 

 

お疲れ私ヽ(‘ ∇‘ )ノ