子宮筋腫の原因を探りながら、子宮ケアする方法、自分を愛する方法

3度にわたる子宮筋腫の再発を経て、共存する方法、子宮の生命力、ひいては自分を幸せにしていく方法を学んでいます

手術を断り、低用量ピルも止めて、民間療法に切り替えた2017年後半の生理事情

お久しぶりの更新です。   ここから読まれた方に、さくっとまとめます。   2016年 三年ぶりに2回目の子宮筋腫発症 夏に手術を受ける 術後も内側にめり込んでいる2センチほどが残っていることと、 「 […]

日本伝承医学の治療を受け、手術を受けない、切らない、筋腫と共に生きていく決意を

昨年の手術からまる一年、低用量ピルにて生理をコントロールし、それでもなお増えている経血に、鉄剤で対応することを繰り返し、体調が良い日が一か月に数日しかないという苦しみを経て、今年の8月に「そろそろ手術ができますね」と、気 […]

術後1年目、3回目の手術を勧められてしまいました

先日、定期健診で受診をしてきました。   1年前の手術から低用量ピルにて生理をコントロールしていたところ、ここ2回ほどの生理の量が再び増えてきたこと(前回の生理は、子宮内膜が一気に出てきたのか?!と思うくらい、 […]

治療として、低用量ピルを飲み続けています、が、鉄剤を処方されました

定期検診に行ってきました。   今日は、低用量ピルを飲み続けているために、血液検査をするね、と言われていたので、早めに病院に行って、診察予約時間までに採血を済ませてみました。   総合病院なので、血液 […]

子宮筋腫の原因を東洋思想からみてみると、新しい解決策がみえてきた

東洋医学やオーラなど、目に見えないものについての学びを進めていくと、子宮は悲しいという感情を溜める臓器です、という見解をよく目にするようになります。   少しオカルトな印象を持たれるかもしれませんが、西洋医学で […]