2回目だからわかること~入院準備と入院1日目の処置

ひゃー!いよいよ手術です!

二度目といえども、予定日が近づくにつれて緊張はします。

 

プライオリティの高い準備は、

高額医療費控除の限度額適用認定書を先に用意すること。

後からだと何かと時間がかかるので、

先に限度額認定書を申請しておくことが大切です。

そのことについては、

2回目だからわかること~子宮筋腫の治療費明細をすべて」に

詳しく解説していますので、参考いただけたらと思います。

 

 

前回の子宮筋腫は、粘膜下筋腫という種類で、
今回は、筋層内筋腫。

一般的に筋層内筋腫は腹腔鏡手術となるので、
いよいよお腹切るのか!と思いきや、
子宮の内側に突出している部分が大きいタイプなので、
今度も子宮鏡下手術で可能とのこと。

 

これは本当にありがたいお話でした。

 

入院は2泊3日でOKだったのですが、
旦那さんとのお仕事予定とも相談して、
3泊4日を希望してみました。
(これがまた大正解!でしたが、、、)

入院日数は、病院によると思いますが、希望はそこそこ聞いてもらえるようです。

 

手術前に準備するもの、を

病院から渡された入院のしおりにて確認していましたが、

前回の入院と劇的に違ったのは、

アメニティー利用について。

 

いわゆるホテルなどで用意されているアメニティー関連を

一日470円でレンタルできるというもの。

 

病院とは別会計なので、申込書を記入して渡すだけなのですが、

なぜかすごく悩んでました(笑)

4日×470円だと、1880円ですよね、

さほど負担ではないのですが、

頑張ってそろえようと思えれば、できること。

タオルとか、歯ブラシとか、お箸とか。

 

だったのですが、

テレビ用のイヤホンとか、こまごまとしたものを揃えたとして、

日常生活に戻った時に必要なものではないので、

思い切って、借りる契約をしてみました。

 

(後日談にはなりますが、

入院当日は直前にお風呂に入ったので、入浴なし。

手術当日はチューブにつながっていたので、もちろん入浴なし。

手術翌日もふらふらするので、入浴を見送り、

退院当日に入ろうと思ったのに、シャワー室が混み合っていて入れず。

結局、一度もお風呂入らず帰ってきました。

 

持ち物でかさばるものって、入浴グッズだと思うのですが、

一度も使わずじまいでした。

しかし、アメニティーを申し込むと、

資生堂のシャンプー&リンスや、

花王のボディソープ、歯ブラシ、イヤホン、コップなど

その他もろもろが一式入った袋をいただけるので、

無駄にはならなかったと思います)

 

持参したものは、

下着と、念のためのナプキンのみ。

これで全然OKでした。

 

 

入院1日目の処置と過ごし方

 

入院後、ひととおりの説明を受けたあと、

アメニティで支給されたパジャマに着替えます。

さすがにそのままは着れなかったので、

ブラトップを下に着たまま、ワンピースっぽいパジャマを。

日中に、家でもない別空間で、パジャマって。

しかも、体が辛いとかでもない状態で

ベッドに寝るって、すごく違和感でしたが、

ものの30分ほどで馴染めました(笑)

 

そうこうしているうちに、担当医から処置室に呼び出され、

ラミナリア入れといって、
子宮口を広げるための

手術前の処置が行われます。

 

これは、子宮口にタンポンのようなものを入れて、
ラミナリアが一晩かけて水分を吸いながら膨張してゆき、
子宮口を広げるんだそうです。

 

が!この処置が痛い!本当に痛い!
無駄に経験があるから、からだが固まってしまい、
さらに痛く感じます。

 

大きな深呼吸で痛みをそらそうとしますが、
装着された後も、生理痛のような鈍痛がありますし。
こればかりはもう、一日だ!と言い聞かせながら
やりすごすしかないですよね。

 

一日目は、麻酔科の先生からの話とか、
担当医師の診断、薬剤課の方の訪問とか、

頻繁に人が出入りするので、
なにかとまぁまぁ忙しいです。

 

入院中、暇だろうと本や漫画を持っていきましたが、
本の細かな文字はとても集中できないので、
漫画が時間つぶしと痛みから意識を外すのに最強でした!
貸してくれた友人も、筋腫の手術経験済み!
ありがとう!さすが経験者っす☆ミ

 

あっという間に夕飯の時間になりました。

すっかり忘れていましたが、
水分接種の制限もあるので、固形物は8時まで、ジュースなどの液体は10時まで
水やお茶などは翌日あさの7時半までにということで、
朝は少し早めに起きて、抗生物質を飲み、水分接種終了です。

 

就寝時間は9時と恐ろしく早いので、

テレビカード(24時間分1000円)を購入して、

テレビを観ながら横になっていました。

 

昼間に入れたラミのおかげで、

ずっと下腹部に違和感はあるので、

テレビで意識をそらせたりとかして、なんとか眠ることができました

そんな感じて入院一日目は過ぎました。

 

旦那さんは、手術説明と、承諾書を記入するために

1時間ほど仕事を休んで来てくれましたが、

婦人科ということで、夜のお見舞いも辞退してもらっちゃいましたが、

明日は手術中も付き添ってくれるので、心強いです。