子宮筋腫再発にて。
薬について、体験から学んだことがいくつもあります。

 

まず、
リュープリンというお薬ですが、
専門的な話は医薬系のサイトにお任せして、
偽閉経薬とありますが、
私の友人は乳がんの抗がん剤として
リュープリンを使用しています。

 

決してビビらせるわけではありませんが、
抗がん剤として使用されているという事実も
頭に入れておくべきだと思いました。

 

リュープリンによる副作用は、
いろんな方に話を聞いたところ、
確かに、人によって症状は様々です。

 

症状がなかったという方もいれば、
ホットフラッシュという代表的な副作用が出たり、
便秘になったり、
私が一番感じているのは、
倦怠感、疲労感です。

 

季節が梅雨というものも重なっているのだと思います。
何もする気がおきない、
人を大切に思えない、
おしゃれをする気力もなくなる、
食事をつくることさえ億劫になる。

それと、健忘症。

 

頭がクリアにならないので、
常にぼーっとしている気がします。
2階にあがって、何を取りに来たのか覚えてない。
そんなことって、日常的にあることかもしれませんが、
これを6回ほど繰り返したときは、
さすがに怖くなりました。

 

疲れたり、
物忘れをしたり、
ちょっと愚痴っぽかったり。
これら症状は、リュープリン以前でも、
多かれ少なかれ、あることなので、
副作用だと思わなくて、
自分が悪いのでは、とか、
どんどんマイナスな思考に陥ってしまいます。

 

私は今回の副作用は、
疲労感や、健忘症に加えて、
つわりのような、胃のむかむかが続きました。

 

はじめは、夜中にお腹がすいたと感じて、
リュープリンの副作用は、
食欲増加もあると聞いていたので、
ぐっと我慢していましたが、
今度は眠れなくなって、お粥を食べる。
すると、次の日の朝には胃もたれが。

 

リュープリンだけでなく、
貧血治療に、鉄材を飲んでいたので、
胃腸が荒れているのかと感じたので、
鉄材を一日置きにしてみましたが、
胃腸の不具合は変化なしで。

 

とにかく、QOLが低下している中で
日々生活するのは本当に大変です。
普段考えないような不安感に襲われたり、
ネガティブ要素がMAXになったときに、
改善する方法を
ウェブ上で徹底的に調べました!

 

手術前の散財10万円なり(-_-;)

 

でも、その中でも、ちゃんと効果を感じられたものを
ちゃんと書き残しておこうと思います。