鉄剤(フェロミア)ってやっぱり太りません?

先日の検診にて、血液検査をおこなったところ、肝臓の数値はギリギリOK、けれど貧血を示す数値が出ているので、再び鉄剤を処方されました。

 

鉄剤は、前記事でも書かせていただきましたが、便が黒くなること、便秘気味になること、胃痛が辛い、辛い、辛いけれど、

 

貧血のおもだるさと比べると、鉄剤の副作用のほうがまし

 

と、思った私は、鉄剤を1日おきに飲むことにしました。

 

が、やっぱり体重増加。

 

鉄剤って太りませんか?ということで、Google先生に「鉄剤 太る」と検索したら、知恵袋で複数の方が質問されているのですが、ほとんどの回答が「ない」「気のせい」「副作用にない」と、一刀両断。

 

ほんと?

本当なのかしら?

 

 

ここからは、私の推測でしかありませんが、鉄剤に限らず、薬を服用すると、肝臓に負荷がかかります。低用量ピルを服用している間は、必ず肝機能の検査をされます。

 

肝臓の主な機能に、アルコールや薬、老廃物などの有害な物質を分解し無毒化するというものがあります。

 

それと同時に、たべものからとった糖・たんぱく質・脂肪を体内で使える形に変えて貯蔵し、必要なときにエネルギーのもととして供給する、代謝の働きも担っています。

 

薬を服用していることで、肝臓が疲れていると、代謝機能も落ちて、太る、浮腫む、っていう仮説は間違っているでしょうか?

 

同じ悩みを持つ人がたくさんいるのに、「勘違い」で済まされるのも、ちょっと辛い気がします。

 

 

鉄剤は長期間飲むわけではないので、止めれば自然と体重も戻るかもしれませんが、薬に頼らず、やはり自然の食品で効率よく摂取できればと思い、少しストップしていた沙棘ジュースを再開しました。

 

サジージュースとは、アーユルヴェーダにも推奨されているグミ状の実で、その高い栄養価に、スーパーフードの仲間入りをしているとのこと。

 

こういった栄養補助食品は、いろいろ試したから、どれが効果あったのかがわからなくなって、迷いの時期に入っていたけれど、冬に風邪をひかなかったのは、サジージュースのおかげかなと。

 

これから低用量ピルも飲み続けるし、血栓予防のためにも。また、先に妊娠の希望もあるようであれば、ビタミンやミネラルの含有量が高いのも魅力だし、沙棘ジュースは良いチョイスのような気がするので、、、(*´艸`*)